アクセス

高千穂峰(たかちほのみね)は、宮崎県高原町にある山。

山頂は、宮崎県高原町だが、鹿児島県霧島市、宮崎県都城市のほぼ境のところにある。

韓国岳などとともに霧島連山を形成する。火山である。

標高は、1573m。日本二百名山。

韓国岳から高千穂峰。

高千穂峰

高千穂峰の稜線。

高千穂峰 稜線

高千穂峰、天の逆鉾。

高千穂峰 天の逆鉾

霧島神宮近くから 「天孫降臨への道」。登山口のひとつである高千穂河原ビジターにつながっている。

天孫降臨への道

最寄りのICは、鹿児島側なら溝部鹿児島空港IC、宮崎側なら宮崎自動車道 高原IC。

登山口・登山ルート

代表的な登山口は3つと思われる。

  • 高千穂河原ビジターセンター 登山口
  • 天孫降臨 登山口
  • 霧島東神社 登山口

地理院地図 全画面表示

高千穂河原ビジターセンター 登山口

高千穂河原ビジターセンター。駐車場は有料。500円。

高千穂河原ビジターセンター

高千穂河原ビジターセンターの他、資料館、避難壕、自然観察道、手洗い場、売店、食堂など。

資料館や売店

鳥居からスタート。この地点で 標高は970m。頂上が1,574m。標高差 604m。

鳥居

古宮址。

古宮址

古宮址前の右に登山道。

登山道

はじめは木々の中を進む。

木々の中

すぐに登山道は砂場・岩場に変わる。

砂場

溶岩の跡。岩場を登る。

岩場

左に新燃岳。

新燃岳

右にお鉢とよばれる火口。つまりこの登りは火口の部分を登っていることになる。

お鉢

火口の全貌が見えてくる。

火口

馬の背といわれる道。奥に高千穂峰が見える。しばし生暖かい風が吹いてくるが、おそらく火口からではないか。

馬の背

ここから高千穂峰の登り。

高千穂峰の登り

登っていく。

まもなく頂上

高千穂峰 山頂。

高千穂峰の山頂

お鉢、新燃岳、韓国岳方面。

韓国岳方面

桜島が見える。

桜島

小林市方面。

小林市方面

高原町方面。

高原町方面

頂上には 避難小屋。

避難小屋

天孫降臨 登山口

天孫降臨 登山口の駐車場。広い。このルートは 標高差は約900m。

天孫降臨 登山口 駐車場

駐車場の看板の有るところから入っていく。

天孫降臨 登山口

しばらく進むとすぐ自然林に入る。

自然林

中盤からは、見晴らしも良くなり蛇行するような道が多くなる。由布岳の正面ルートに似ている。

蛇行した道

稜線で霧島東神社からの登山道に合流。

尾根

山頂までの登り。

尾根の登り

山頂まで眺望の良いルートである。

眺望

ここまで来ると山頂までは近い。

山頂手前

霧島東神社 登山口

霧島東神社からのルートは、往復約10km、標高差約1000m。

急登というほどでもないが、緩やかな登りが続くなかなかタフなルートである。徐々に標高を上げていき、中盤から展望のよい高千穂峰の稜線を登っていく。

夏場など暖かい時期は、ヤマビルがいることが報告されている。序盤の登りでは、腰をおろして休憩したり、荷物を地面におろすなどは避けたほうがよい。

霧島東神社 登山口横の駐車場。登山者は、登山口側に寄せて駐車する。

霧島東神社 駐車場

駐車場横の道へ入る。

駐車場横の道

しばらく進むと登山口。

登山口

序盤はスギやヒノキなどが多い。

序盤

中盤から展望は開ける。

中盤

天孫降臨ルートと合流し、山頂を目指す。

山頂を目指す

スポット

高千穂河原ビジターセンター。ビジターセンター周辺には自然探索路がある。

高千穂河原ビジターセンター

霧島神宮。

霧島神宮

霧島東神社。

霧島東神社

極楽温泉。

極楽温泉

祓川水源。

極楽温泉